YUMIKO MIYOSHI OFFICIAL SITE
Piano Essay Concert Schedule Sundries Link Page Mail Top Page

BACK NUMBER PIANO ESSAY
2003年
  2003年を振り返って
2002年
  2002年を振りかえって
  七夕★星に願いを〜リサイタル二ヶ月前のつぶやき〜
  首都圏いきいきワイド
  【えん】の えん奏会
  明けましておめでとうございます
2001年
  秋の入り口
  暑中お見舞い申し上げます
  五月の便り
  天使のピアノ
2000年
  演奏会の感想etc...。
 
  舞台衣装について
  本番を終えて
  音について
  いきなり脱線でごめんなさい!!
  はじめまして
 2003年12月★2003年を振り返って

 昨年に比べて多少エッセイの数が減るだろうと覚悟していましたが、まさか一本もエッセイが書けなくなるとは思いもしませんでした(冷汗・・・)。
 エッセイを楽しみにしていただいているありがたい皆様には大変申し訳ない年で・・・ごめんなさい!!!

 今年もいろいろな演奏会で多くの出会いがありました。そのひとつひとつに思い入れがあるものの、その余韻に浸る間もなく次から次へと物事が雪崩のごとくやってきた一年でした。
 2003年を過ごして実感したことは、『もっと強くなろう!』ということです。
夏休みには清水和音先生の講座に参加して、『自分を信じる力』の強さを感じとりました。
 本番では緊張したり、自信がなくなったりしがちですが、自分を信じて演奏することが、いちばん大切なところだと気づかされました。
 そして、『音楽』そのものにもっと力強さを持つことも、私の課題のひとつだと思っています。『押し付けがましくない演奏』と褒めて(?)いただくこともありますが、時には聴いてくださる方々に『力強く訴える』というパワーも必要だと感じました。
 またこれは舞台上の振る舞いでもいえることで、ついつい地味〜に引っ込みがちになるのですが、もっと堂々と落ち着いた舞台マナーを身に付けたい・・・とも思います。今年は舞台に多少慣れたのか、『お辞儀が下手ねーーー!!』と開口いちばんに言われることは減りましたが・・・(^^;)
 外見ばかりに力を入れたり一人よがりな演奏になるのでなく、聴いてくださる方々と『一緒に楽しむ』という能動的なパワーをつけていきたい、ということなのです。
 今まで以上に音楽に対する真心に、パワーと愛と勇気を込めて(笑)、演奏していこうと思います!
 昨年12月のエッセイに2003年のテーマは『喜』だと書きました。今年を振り返ると、やはり『精一杯』という一年だったような気がします。
 でも、『今回緊張していなかったでしょう?』と言われることが多くなったのは、『喜』に少し近づけたのかなとも思いました。自分自身で実感することも大切だと思いますが、聴いてくださる方々に感じていただけたことがいちばん嬉しいことです。
 同じ『精一杯』でも、仕事量が2002年よりは2003年の方が増えているのが救いですが(苦笑)
 2004年は、もう一度『喜』に再挑戦!さらに欲張って『楽』も加えたいと思います。

 音楽的にも人間的にも、もっともっと成長したい!と切実に思います。未知の領域の扉を開こうとして、あまりの無力さに自分自身で唖然とすることも多々あります。それでも『自分の無知を知り僅かでも乗り越える』のが一生のテーマだと思っていますので、来年も果敢に頑張り、楽しみ、喜びたいと思います。今まではストレスだと思っていたものまで楽しみに変えられる、そんな心の転換ができる『心の錬金術師』を目指して・・・!

 こうして書くとすごく贅沢な私!

 2003年も多くの皆様に支えていただき、ピアノを弾き続けることができました。本当にありがとうございます!2004年はもっと心に優しく届く音楽を目指して向上していきます!

 2004年が皆様にとって良い一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。
 2004年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 ああ・・・なんだかわくわくしてきました!!(^ー^)

♪♪♪〜 A Happy New  Year 〜♪♪♪

PREV 2002年を振りかえって
ピアノ・エッセイ コンサート・スケジュール 日記 リンク