YUMIKO MIYOSHI OFFICIAL SITE
Piano Essay Concert Schedule Sundries Link Page Mail Top Page

BACK NUMBER PIANO ESSAY
2002年
  明けましておめでとうございます
2001年
  秋の入り口
  暑中お見舞い申し上げます
  五月の便り
  天使のピアノ
2000年
  演奏会の感想etc...。
 
  舞台衣装について
  本番を終えて
  音について
  いきなり脱線でごめんなさい!!
  はじめまして
 2002年1月★明けましておめでとうございます

 始まりました、2002年。今年の年賀状は縞が鍵盤模様のシマウマにしました。


 まずおわびを.....。昨年末、多忙を言い訳に、年末の御挨拶ができず、大変失礼いたしましたm(_ _)m。振り返ってみれば、2001年に書いたエッセイ、たったの4本....。季刊エッセイ.....うっ(反省)
 2002年は、もう少し書き込むようにいたします。

 2001年を振り返ると、2000年に比べて人との出会いの輪が拡がったと思います。
 4月からある短大で非常勤のお仕事をさせていただくようになりました。今までとは違って、自分が教えるという立場になってみると、新しい環境での慣れないことや戸惑い、失敗もたくさんありました。でも、とても大切なことも学びました。
 人に教えるということは、本当に責任と忍耐、そして心の広さが必要なのだなと。まわりの先生方の音楽と教育に対する思いを目にする度に、『ああ、私もあのように大きな人間になりたいな』と思います。生徒によって育てられていく部分も大いにあるのだなとも感じました。

 『教えることで練習ができなくなり、演奏に支障をきたすのでは?』と言われることもあります。でも《わずかでも時間があるだけ嬉しい》という気持ちで練習に臨めるようになりました。そして、音楽に感動しやすくなった気がします。どんな状況でも、自分をそれに対応させて乗り越えていきたいと思うようになりました。....とはいえ、私のわずかな許容量では、いまだにあっぷあっぷの毎日です。教えることと演奏の両立はそれなりに大変ですが、この二つのことを並行して続けていける、今の環境をありがたいと思います。

 今年は9月に初のソロコンサートも予定しております。この経験が私の演奏に良い形で影響を与えると自分で思っております。

 みなさまと一緒に今年も良い年にしていくようにがんばりますので今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

PREV 秋の入り口 【えん】の えん奏会 NEXT
ピアノ・エッセイ コンサート・スケジュール 日記 リンク