YUMIKO MIYOSHI OFFICIAL SITE
Piano Essay Concert Schedule Sundries Link Page Mail Top Page

BACK NUMBER PIANO ESSAY
2001年
  五月の便り
  天使のピアノ
2000年
  演奏会の感想etc...。
 
  舞台衣装について
  本番を終えて
  音について
  いきなり脱線でごめんなさい!!
  はじめまして
 2001年5月★五月の便り

 こんにちは。
 更新しない間に、うかうかと花の盛りも過ぎてしまいました。。。。4月はこのHPを開設して一周年の記念月でした。KY様、KM様にはいつも素敵なHPに仕上げていただき、大変感謝しております。HPにいらして下さるみなさまにも感謝感謝でございます。ありがとうございます。心から御礼申し上げます。これからもどうぞよろしくお願い致します。

 さて、大好きな5月がやってまいりました。私が5月を好きな理由....それはいたって簡単。私の誕生月だから!(笑) 特にお気に入りの季節です。春を迎え、初夏の訪れを感じることのできる、素敵な季節だと思いませんか??それに、花粉症も落着きますし。(^-^;) これからの時期は、緑が鮮やかになり、空気の中に活力のつぶつぶが弾んでいるようで、空気がとてもおいしく感じます。。お天気のいい日にの〜んびり、ピクニックに行きたい気分です。
 シューマンは『美しい月、5月』と歌い、メンデルスゾーンは『5月のそよ風』を感じ、チャイコフスキーは『5月・白夜』に何を連想したのでしょう。古い何かの歌に『パリの5月がとても好き』という歌詞もあったような....。やっぱり5月はいい月です!!

 でも、『5月病』というモノも存在しますね。。。今の時期は年度始めということで、環境の変化を含め、その他いろいろ身の回りの新しい出来事に出会い、張りつめていたモノが、揺るみ出すのでしょうか。私も新しくなった日常の細々した事に捕らわれ、振り回され、視界が狭くなってしまいがちです。そんな時だからこそ、胸一杯に空気を吸って背筋を伸ばし、青空を眺めたりして、瑞々しい気持ちを忘れないようにしたいと思います。
 元気を出すには呼吸って大切!と、思う今日この頃の私。
 呼吸って普段は無意識にしていますが、改めて考えるとすごいと思うのです!緊張したり、悩んだり、興奮したりしていると、無意識に呼吸が普通じゃないですよね。そう考えると、私の場合もセルフコントロールはもちろん、演奏するのにも呼吸から入っていることが多いのでした。ピアノは息を使って音を出すという、管楽器のような機能はありません。指さえ動けば曲は弾けるのですね、技術的には.......。でも、音の中に『呼吸』を感じさせることは、とても大切なことです。私も「呼吸が足りない」「もっと歌って!」とよく言われました。。。それは今でもかな(^-^;)
 演奏を聴いてくださるみなさまと、曲の流れにのって自然に同じ呼吸をしていた....。そんな演奏ができたら素敵だな。。。。

PREV 天使のピアノ 暑中お見舞い申し上げます NEXT
ピアノ・エッセイ コンサート・スケジュール 日記 リンク